注目の記事 PICK UP!

GT-R50!次世代のGT-R現る!?

どうも佐藤です!

 

今回は僕の愛車であるR35GTRにまつわる内容にします!

インスタで見たことがあるのですが、

こんな近未来的なGTRをあなたは見たことがありませんでしょうか?

日産はイタリアのデザイン会社「イタルデザイン(Italdesign)」と共に50周年を記念する共同開発プロトタイプ車「NISSAN GT-R 50 by Italdesig」を2018年6月29日に発表しました!

2018年7月12日グッドウッドフェスティバル オブ スピード 2018にててプロトタイプ車を初公開し、今後数ヶ月の間に世界各地で初披露される予定だそうです!

NISSAN GT-R 50 by Italdesign

NISSAN GT-R 50 by ItaldesignはMY2018のGT-R NISMOを元に

「何の制約もなくGT-Rをつくったらどうなるだろう」

と語る日産のグローバルデザイン担当上級副社長、Alfonso Albaisa氏

更に付け加えて「このモデルは次期新型GT-Rではありません。両社の50周年をクリエイティブに祝う為のものです。」と語った。

内外装を大幅に変更、パワーレインも変更。

内装、外装デザインを日産デザインヨーロッパと日産デザインアメリカが担当、プロトタイプの開発、設計、製造をItaldesigが行った。
大容量、大口径のツインターボチャージャー、大型インタークーラー、交流量ピストンオイルジェット、大容量燃料噴射装置、ビルシュタイン社の新サスペンションシステム、ブレンボ社製のブレーキなどを採用している。

リアは銀座の日産のブースに展示してあるR36?GTRに似ている気がします!笑

気になるスペックや外装

・全長:4,784mm
・全幅:1,992mm
・全高:1,316mm
・ホイールベース:2,780mm

・ニスモ製 3.8L V6 VR38DETTエンジン
・最高出力:720ps/7,100rpm
・最大トルク:780Nm/3,600-5600rpm
・トランスミッション:強化デュアルクラッチ6速シーケンシャルギアボックス

個人的にはかっこよく思いますし

製作費用に1億円かかっていることもあってハイパーカーの風格がありますね。

内装までバッチリと決まってます!

センターコンソールに赤とシルバーの小さなレバーが2つありますが、

シルバーの方はリアスポイラーの調整ができるみたいです!

 

GTR好きには賛否両論あるかもしれませんが個人的にはめっちゃ好きですね!

 

関連記事

  1. 21歳の大学生が180万円の高級腕時計「HUBLOT」を一括購入

  2. 大学生にオススメ!景色が最高な都内のドライブスポット3選

  3. ノンブルネックレス 末広がりの”8″を買ってみて

  4. この度、マセラティグラントゥーリズモに乗り換えます!

  5. マセラッティ グラントゥーリズモ

  6. マセラティ横乗り企画の結果

  7. Audi R8を大学在学中に購入します!

  8. 人生初のサバゲー。これはハマりそう!

  9. 200万円超えのHUBLOT アエロバン ダイヤベゼルを2ヶ月間所有して

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ビリオネア・アップブリンキング・マガジン

ccmail

プロフィール

 

ccmail

初めまして!

 

現役の大学3年生で、今はパソコン1台を活用してネットビジネスやトレードを行ない生計を立てています。

 

アフィリエイトを収入の軸として、FXなどの投資をやって1日で5万円ほど稼いでいます。

 

 

以前はスーパーの品出しのバイトをしていて、学校終わりの5時間で月収8万円しか稼げておらず食費などに回すとまともに買い物ができる状態ではありませんでした。

 

そんな苦悩もありどうしても高級外車のランボルギーニに乗りたいという気持ちと期待でビジネスの世界への参入を決意しました。

 

 

そんな中でグループ会社7社を経営している社長やプロトレーダーの方と出会うことができ、大学生でも稼ぐノウハウをてに入れることができました。

 

そしてお金に困る生活とはおさらばし、

自分ひとりで好きなだけ稼ぐ力

を手にすることができました。

 

 

なぜそうなれたのか?

詳しくはこちらに書いてありますのでぜひ読んでみてください!

⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎ ⬇︎

僕のプロフィールはこちら

人気記事

PAGE TOP